MENU

ズッカズ

色々な加熱式たばこを使っているガジェット好き喫煙者。
現在のメイン機は「C-VAPOR4.0」

趣味全開の雑記ブログ「ズッカズの森」も運営中!


▶お問い合わせはコチラ◀

オタク雑記ブログ「ズッカズの森」

アーカイブ

濃厚で美味い!最強のCBDリキッドを吸ってみた

【glo hyper+】日本限定のグロー「東京・ユナイテッド・エディション」実機レビュー!想像以上にかっこいい

グローハイパープラスの東京・ユナイテッド・エディションを実機レビュー

どうも、ズッカズ(@zukkazu_no_mori)です。

2021年8月16日から発売されるglo hyper+(グローハイパープラス)の限定デザイン「東京・ユナイテッド・エディション」は入手しましたか?

日本限定で数量限定という限定尽くしのグローなので、気になる方は是非チェックしてみてください。

今回はそんな「東京・ユナイテッド・エディション」を早速手に入れましたので、実際に触ってみた上でのレビューを書いていこうと思います。

限定デザインが気になっている方は購入の参考にしてみてください。

ザックリまとめ

サイドパネルが変わっただけでしょ、って印象の方も多いと思いますが、限定デザインが予想以上にかっこいい

吸いごたえなどは普通のグローハイパープラスと同じですが、シャレたデザインは使っているだけでテンションが上がります。

980円(税込)という値段なので、普通にオススメできる限定モデルだと思います。

そもそも東京・ユナイテッド・エディションとは?

グローハイパープラスの「東京・ユナイテッド・エディション」とは、8月16日から発売された限定デザインのグロー

東京をモチーフにした2種類のデザインがあり、どちらも980円(税込)で購入できます。

コンビニ等では買うことができないのですが、数量限定な上に日本限定のデザインとなっているので、希少価値も地味に高そうなモデルです。

東京・ユナイテッド・エディションの詳細についてはコチラの記事にまとめていますので、あわせて読んでみてください!

東京・ユナイテッド・エディションの実機レビュー!

基本的な内容物は従来品と同じですね。

限定デザインのグローもACアダプターが付属していないので、こちらは自前で用意する必要があります。

どちらの化粧箱も黒を基調にしたデザインになっていて、これだけでもかなりカッコいいです。

東京・ユナイテッド・ブラック:ゴージャスかつ渋い!

浅草エリアをイメージしたブラックモデルは、名前の通り「伝統モダン」な雰囲気がありますね。

黒を基調とした本体に金色をあしらったサイドパネルはめちゃくちゃゴージャス。

サイドパネルには和柄も散りばめられていて、個人的にはかなり好みな見た目です。

東京・ユナイテッド・ホワイト:ポップなのにクール

渋谷エリアをイメージしたホワイトモデルは、「ニューカルチャー」という名前だけあって非常にポップ。

白を基調にした本体はそれだけで明るいイメージがありますし、サイドパネルもカラフルですね。

また、市松模様とシルバーのバランスが非常にクールで、これだけでもかなりカッチョイイです。

2台を並べると浮かび上がる「東京」の文字が良い感じ

「東京・ユナイテッド・エディション」の詳細記事でも書いたですが、この限定モデルはサイドパネルに文字が浮かび上がるデザインになっています。

ブラックには「東」、ホワイトには「京」の文字が描かれているんですね。

実際にどんなもんなのかと並べてみると、こんな感じになりました。

ちょっと見づらいですが「東京」って文字が見えてきませんか?

パッと見じゃ分かりにくいですが、よく見ると理解できるデザインは個人的に好きなんですよね。

他のグローにはない遊び心を取り入れたデザインにもなっているので、デバイスとしても面白いグローなのかなと思います。

「東京」の文字を揃えたい人は、是非とも2台購入することをオススメしたいです。

まとめ:オシャレでカッコいいので早めに入手しよう

最初にも書きましたが、今回の「東京・ユナイテッド・エディション」は数量限定のモデルとなっています。

販売場所も限られているので、少しでも気になった方はチェックしてみてください。

一番手っ取り早く入手できるのが公式オンラインショップだと思います。

近くにgloストアなどが無い人はオンラインショップを利用してみてください。

どちらの価格も980円(税込)と破格の値段なので、限定好きな人は要チェックです!

そんな感じでした。

そりでは。