新型プルームS 2.0を実機レビュー!

glo nano(グローナノ)を徹底レビュー!旧型との違いを比較!かなり小型化されてる!【評価・感想】

glo nanoを徹底レビュー

去年発売された「glo mini」から早数ヶ月、やっとgloの新型が2種類も販売されました!

コンパクトさを追求した「glo nano」と吸いごたえを追求した「glo pro」ですね。

 

今現在、普通のサイズのgloと小型化されたglo miniを持っている人もどんな感じに変わったのか気になる人も多いと思います。

 

今回は「glo nano」を実際に使ってみてのレビューや旧型との違いなどを書いていこうと思います!

購入を迷っている人は参考にしてみてください!

 

ちなみに、個人的にはglo nanoはそこまで買うべきアイテムじゃないと思ってます!

そういった理由も書いているので良ければ。

 

この記事は小型化された「glo nano」の記事なので、「glo pro」の方が気になる人はこちらの記事をどうぞ!

glo nanoのスペック

まずはザッとglo nanoのスペックを載せます!

加熱時間
40秒
使用時間3分30秒
充電時間約60分
連続使用回数〜10回
量重61g
サイズ95mm(高) x 32mm(横) x 21mm(奥)

こんな感じですね。

 

連続使用回数以外は概ねそのままだったりアップデートしてたり…って感じかなと。

glo nanoの付属品

今回購入したのはglo nanoの赤色ですね。

まぁ近くにコレしか売ってなかったんですけど、基本的にglo nanoは全部で4色あります。

カラーバリエーションも割と多い方なので、好きな色を選べる楽しみもありますね。

 

付属品は従来品と一緒です。

旧型を持ってる人は充電器などはそのまま流用できますね。

旧型gloとの違いなど

ってことで、一番のメインとなる旧型との違いを書いていきます!

今回比較するのは初代のgloとglo miniです。

早速やっていきやす。

見た目:全体的にスタイリッシュに!

パッと見でも分かるように、glo nanoの見た目は結構変わっています。

 

まずは初代のgloとの比較

glo miniの時点で一回りくらい小型化されていたので、glo nanoはメチャクチャ小さくなってますね。

縦には伸びちゃってますが。

 

お次はglo miniとの比較

glo miniと比べると横幅くらいが如実に分かりやすいですね。

高さは案の定伸びてますが、本体の厚さなどはほぼ変わりないですね。

重さ:結構軽くなってる

glo nanoの特徴として挙げられるのはやっぱ「重さ」だと思います。

公式サイトでは61gってなってますが、念のため測ってみました。

重さの比較はこんな感じ。

 

初代と比べると40g近く軽くなってますね。

glo miniと比べても結構軽くなっているので、重さ的にはかなりのアップデートかなと思います!

吸える本数:減りすぎてる

glo nanoの最大のデメリットなんですが、最大まで充電しても吸える本数が10本になっています。

 

通常のgloだと約30本ほどで、glo miniですら15本吸うことが出来ます。

個人的にglo miniの15本ってのも論外だったんですが、それよりさらに少ない10本て…

 

1箱20本入りなのに半分しか吸えないって考えると、ちょっと使い勝手が悪すぎるかなと思いますね。

 

本体の軽量化でバッテリーを変えているんだと思うんですが、その影響で吸える本数が減るのは本末転倒な気がします。

バッテリー容量が減ったので、充電時間は1時間で最大まで充電することが出来ます。

そこだけ見れば最高なんですけど、やっぱ本数に関しては微妙ですね。

glo nanoの値段

公式サイトによると、glo nanoの値段は3,980円 (税込)となっています。

 

ちなみに通常サイズのglo シリーズ2は1,980円

glo miniも1,980円です。

 

新型ですし重さなどのアップデートはしているんですが、本数が劇的に減ってるのに2,000円上乗せされてるのは微妙ですね。

値段の感じ方は人それぞれかもですが、個人的にはちょっと高いなと思います。

 

ちなみに、glo proの値段は4,980円なのでnanoよりもさらに高いです。

glo nanoを買うべきか、買うべきでないか

個人的にはそこまで買う必要はないと思います。

 

軽くなっていたり本体が細長くなっているので持ちやすいってメリットはあるんですが、やっぱ吸える本数がネック。

10本ってちょっと少なすぎませんかね。

しかも喫煙時間は従来と同じ3分30秒。

 

加熱式もそろそろ5分台をデフォルトにする時代だと思っているので、3分半はやっぱ短いですね。

 

glo、glo miniで満足している人はglo nanoを急いで買う必要は全くないと思います。

まとめ:gloの小型化はやっぱり微妙

glo miniの比較記事でも色々書いたんですが、やっぱりgloの小型化は微妙ですね。

持ちやすさ、重さなどを改善するのはいいんですけど、本数を犠牲にしてまでアプデすることじゃないと思います。

「吸いごたえとかも特に変わりなし」

ただ、持ち運びやすさやカラーバリエーションなど、そういった点を重視する人はオススメな機種だと思いますね。

 

gloストア、gloオンラインストア、コンビニで買うことが出来るので、気になった人は買ってみてはいかがでしょうか!

 

そんな感じでした!

そりでは。

 

 

「glo pro」のレビュー、比較記事はこちら!

 

リラックス効果を感じられる?吸うCBDの+WEED!

リラックス効果やストレス緩和に利用されているCBD。

そのCBDをVAPEで吸うことが出来ます!

 

この「+WEED」から出しているCBDリキッドは他の製品と比べてもかなり濃度が高い!

よりしっかりと効果を感じられると思うので、気になった方は試してみて欲しいです。

 

詳しくは下の記事や公式サイトをどうぞ。

 

公式サイト

 

あなたは20歳以上ですか? 当ブログはタバコ関連のページであり、 20歳以上の方を対象にしています。